化粧品OEMとメーカー

化粧品OEMとメーカー

こにみようかなことから、今後もこんな流れは増加していくと予想させられるのですけど、そのようなメーカーに化粧品の企画・製造を依頼するうえで注意しなければいけないのが薄利多売型のメーカーです。昨今、大手でもOEMメーカーに商品の企画・製造を依頼してるところが多くなっています。

ただ営業をとるために無理と思ってくれるみたいな提案をしてくるormメーカーでは、真にその化粧品の効果や安全性などを研究したりするのかといいました疑問もわいてくるはずなのです。その理由は、OEM化するだけで化粧品の製造・販売をするようにクリアしないそしたらなることはない薬事法の規制や製造販売元の許可取得を簡易化することの方が出来るからだ。

またOEMメーカーは研究所と製造工場を持っているので、新規ブランドのための設備費用などの初期投資が必要なくコストを削減するには出来るというのも理由の一つといえるのでしょう。もしも、なにかが起きた時は製造元ではなくても、そこへ依頼をした企業側の責任問題にもなりかねません。

その為、長たらしい目で見た時のパートナーとしましてはリスクが最高といえるのです。薄利多売型のメーカーは、想定してました見積もりよりも大幅に安かったり、納期が異常に早といったような特徴があるが、なぜこうしたメーカーに注意しなければいけないのかというと、安心感に欠けるからだ。


ホーム RSS購読 サイトマップ